月別アーカイブ: 2017年3月

整骨院集客アップ三重の小さな接骨院の物語

三重県の御浜町で小さな整骨院を経営しています。目の前には太平洋が広がっていて、私はこの海を見ていると、嫌なことがあっても元気が出てくるんですよ。

生まれは栃木県なんですが、山に囲まれていて海への憧れが人一倍あってね。結婚するなら海の見えるところへお嫁に行きたいと、ずっと思っていたのよ。

接骨院開きたくて名古屋の専門学校に通っている時に、夫と知り合ったんですよ。夫も接骨院開業目指していましたからね。意気投合して、結婚後に夫の実家のある御浜町で、2人で接骨院始めたって訳です。

でもね、夫は今自宅で療養中なんですよ。何の病気かって?うつ病なんです。
夫の実家はみかん農家でね、夫も時々家業を手伝っていたんですけど、親が亡くなってから急にうつ病になってしまって。

やる気が湧かないみたいで、毎日考え込んでいるんですよ。最初はサボっているのかと思って、一方的に文句を言ったものですよ。でも以前の様に怒ったりしないから、おかしいって事で病院に行ったらうつ病と診断されてね。うつ病なんて、仮病みたいなものだと思っていたら、違うのよね。

病院で先生に色々質問したのよ。
そんな訳で病気の人を働かせる訳にもいかないから、私が接骨院を頑張らないといけないんですよ。夫を背負って生きて行くんですから、私の方がうつ病になりそうですよ。

この辺りには接骨院が余りないので、商売としては集客がある方だと思いますけどね。だけど、女1人の働きで夫を養うんですから、もっともっと患者を集めないとね。

どうしたら接骨院の集客が増えるのか、頭を悩ませていましたよ。接骨院を新聞広告に載せたら、結構患者が集まってね。それでもまだ足りないですよ。何たって、私が夫を背負って行くんですからね。広告費は幾ら掛けても足りないくらいですよ。

そこで思い切って整骨院のアプリを作ることにしました。開発なんて無理なんで、月額払えば使えるお店のアプリあまりみないので患者さんみんなダウンロードしてくれてます。これで固定客が増えたんですよ。

それにしてもどうしてこんな事になったんですかね。夫は、やる気が漲っているような人だったのに。とにかく私が働かないとね。
この前、年金事務所に電話して聞いてみたんだけど、年金もらえるまでまだまだ先みたいだし。もう私も60歳過ぎていて歳なんですよね。