月別アーカイブ: 2017年1月

60を超え整骨院も順調だけど…

三重県在住のカワユウと申します。

61才女性で、整骨院を経営しております。3才年下の夫と二人暮らしで、夫の母は近くで一人暮らしをしています。整骨院には、私のほかに3名の柔道整復師、スタッフ2名がいて、毎日年配の患者さん中心に忙しい日々を送っています。

治療院が盛況なのは、経営者としてはありがたいことですなのですが、最近自分自身もたまに腰痛が出るようになりました。下を向いてモノを拾おうとしたりすると、いや~な痛みが来て、思わず顔をしかめてしまうことがあります。

明け方も筋肉が縮むので、痛みで目が覚める日もあります。若い時から、体力だけには自信があったんですが、さすがに年ですね。
悲しいのは、夫があまり心配してくれないことです。これには、ちょっと事情がありまして…。

実は、夫はもう何年もうつ状態なんです。5年以上経つかな。不眠症から、だんだん会社を休みがちになって、そのまま辞めてしまいました。普通のサラリーマンだったので、よくなったら治療院の看板のお仕事とかしてもらおうと思っていたんですけどね。

私が夜遅くなって、「疲れた~!腰がもう限界!」と言って帰宅すると、「嫌味か!」と言われたことがありました。ただ本当に腰が痛いだけなんですけど_| ̄|○ 

その時は私も「そんなにひねくれてるから病気になるのよ!」とクッションを投げてしまいました。本当は、夫の良いところはたくさん知っています。仕事が出来なくても、掃除・洗濯・食事作りなど、ちゃんとしてくれて助かってます。

でも、ちょっと細か過ぎるとも言えるんです。冷蔵庫の隅っこの汚れが気になるんだ…とか言われても、私はどうでもいいんです。なんで神様はこんなに自分と真反対の性格のパートナーをお与えになるのでしょう?

いろいろあれど、整骨院では笑顔が基本です。私はちょっとせっかちだけど、強くて優しい経営者でありたいと思っています。もうすぐ近所に新規のマッサージ店がオープンするようです。

整骨院とは違いますが、良いお店だったら患者さんが流れていってしまうことも視野に入れて、気を引き締めて行こうと思っています。